11/26

2009/11/26

 死体を見た。
 その礫死体は、ぼくと、その列車に乗った数百人の時間を四十分ほど奪い、昼食の機会を奪われたぼくを苛立たせた。
 ぼくは、涙を流さなかった。だが、ぼくと、彼(あるいは、彼女)は人間だった。

 その夜、とあるミュージシャンに会った。彼は高円寺に職場があって、先日火事のあった居酒屋の近くなのだと言った。居酒屋のあった場所には、日ごとに花が積まれていったのだという。他にも缶ビールや、カップ酒が供えられ、線香がわりなのだろうか、火のついたタバコがいくつもあったそうだ。
 彼は言った。目に見えないものは、確かにあるのだ、と。

 彼らは確かに生きていた。
 ぼくは、生きている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。